世間にはびこるイジメに関する間違った認識

矛盾しあう「いじめの原因論」

いじめは一九八〇年代半ばに、 いじめ自殺事件の報道ブームをきっかけにして、はじめて社会問題になりました。

それから現在まで、そのときどきのいじめ自殺事件をきっかけにして、同期的にいじめ報道ブームが起きています。

忘却期にはベタ記事にもならないいじめ自殺が、 マス・メディアが報道スクラムをはじめる流行時には、連日大々的に報道されます。

自殺してしまった生徒の存在を御興の神体のように位置付けて、 いじめ報道祭りが繰り返されることによって、人々はいじめを「悪」として問題視するようになったわけです。

さて、こういった「祭り」が起きると、識者と呼ばれる人たちに、 マス・メディアや政府系諮問会議などで発言するチャンスが与えられます。

彼らは一時的な流行が過ぎ去ればすぐに忘れられますが、あらたないじめ問題がニュースで報道されブームが戻ってくると、その時も以前と似たり寄ったりの発言をします。

識者たちは、 いじめの原因や背景として、数十年ほぼ変わらない「近ごろの青少年」についての紋切り型発言を繰り返してきました。

これを、一般の人々と政策決定に関わる人々の双方が信じてしまうわけです。まず、これまで識者たちが世に流布してきた、 いじめの原因論を列挙してみよう。

いじめに関するよくある一般論

  1. ゆとりのない受験競争や詰め込み教育が子どもの心をむしばんでいる。
  2. 勉学で「身を立てる」という目的意識が希薄化し、学校で勉強する意欲が低下し、だらだらして、授業が成立しづらくなった。
  3. 学校の過剰な管理。
  4. 学校秩序のゆるみ。規範意識の希薄化。
  5. 何をやっても許されるという欲望の自然主義。あるいは、青少年の「おれさま」化。個が突出して強すぎる。
  6. いつも他人の目を気にして、自分でやりたいようにできない、個の脆弱化。
  7. 家族の人間関係の希薄化(あるいは愛の欠如)。
  8. 少子化や核家族化などによって家族の絆が不健全なレベルで濃密化する。あるいは愛情が行き過ぎる。
  9. 学校・地域社会の関係性の希薄化。社会の都市化に伴う市民社会への消費論理の浸食。
  10. 学校や地域の共同体的じめつけと、市民社会の論理の排除。
  11. 子どもの生活のすべてを覆い尽くす学校の過剰な重み。学校に限定された濃密な人間関係の醸成。過剰な同調圧力
  12. 児童・青少年の人間関係の希薄化
  13. 「近ごろ」の若い人は幼児化した。精神的に未熟になった。欲求不満耐性が欠如し、我慢をすることができなくなった。
  14. 仲間内の集団力学や強者のやりたい放題には、はいつくばって我慢するか、大人びたやり方で、顔色をうかがって、うまくたちまわる。子どもらしさの消失。
  15. マスメディアや電子ゲームの露骨な暴力描写や、嗜虐を売り物にするお笑い番組の流行(ヴァーチャルに暴力を学習したから)。
  16. 暴力や死が社会から隔離されて子どもの目に触れなくなったり、周囲が甘やかして暴力を体験できなくなったりしたため、「けんかのしかた」や「他者の痛み」がわからなくなった(暴力を学習していないから)。
  17. 親や教師や他の子どもたちから痛めつけられて、暴力を学習する機会が減ったから
  18. 「ガキ大将」によるリーダーシップや年齢階梯制。年齢によって上下の身分があった地域集団の消滅。ガキ大将がいなくなった
  19. 子ども集団に自生する非民主的な身分関係。心理操作や人心掌握にたけた攻撃的で支配的なリーダーヘの追随ηガキ大将」がいるなじ。
  20. 日本の「文化」が崩壊したから。
  21. 日本の「文化」が残存しているから。

秩序はひとつではない

これらのリストをしばらくながめると、これまで世に流布してきたいじめ論は矛盾のごたまぜであることがわかります。

これらの矛盾しあう識者の見解のなかには実態とは離れているものも、実態に近いものもあるが、きちんと概念を把握したうえで論理を組み立てる作業ができていません。

上にあげた二一の項目から、学校に蔓延する独特の小社会の秩序と現実感覚を言い当てているにもかかわらず矛盾してしまう項目の組を、三つ挙げてみます。

  1.  人間関係が希薄であり、かつ濃密である。(11 12)
  2.  若い人たちは幼児的であり、かつ、計算高く抑制のきいた「小さな大人」
  3.  若い人たちは欲求不満耐性がない、と同時に、集団力学の趨勢をうかがえ続けている。)(13 14)
  4.  秩序が過重であり、かつ、解体している。(3 4 9 10)

学校でいじめにふけるグループの実態をよく把握している学者やジャーナリストほど、これらの矛盾する項目(希薄蔦反密、幼児的‐大人的、秩序過重‐秩序解体)の双方を指摘しがちです。

いじめ論がこのような矛盾におちいってしまうのは、素朴な言葉のフィーリングに依存しすぎており、何をもって「濃密」‐「希薄」、「幼児的」「大入的」、「秩序」‐「無秩序」なのか、概念の検討・定義が不十分なまま素人理論を作りあげてしまっているからに他なりません。

いじめ問題について考える際はこれらの曖昧な言葉をどう解釈して現実に当てはめていくかが重要とされています。

自身の実体験だけを元に想像で発言するのは場末の居酒屋談義と変わらない、という点をしっかり認識する必要があるでしょう。

SNSでもご購読できます。