目立たない矯正装置はないのか

矯正治療に使われる装置は歯の位置関係を治す「マルチブラケット装置」というものが基本となります。

以前まではこのブラケット装置といえば歯の表側に直接一つ一つ貼り付ける金属製のものしかなく、これは笑った時などにブラケットが見えてしまうので見栄えが悪く、特に若い女性からは敬遠されがちでした。

しかし現在では透明なプラスチックやセラミックス製の素材があります。これらのワイヤーは以前に比べてずっと細くなりましたし、何ならワイヤーの代わりに透明なマウスピースを使うという方法もあります。

※ただし、プラスチックは見た目の悪さこそ改善されたものの、噛み合わせによってはすり減ったりワイヤーの力に負けてしまうことがあるのでそこは注意が必要です。また、セラミックスの方は歯よりも固い素材で出来ているのでブラケットを外す際に歯のエナメル質が壊れてしまうこともあります。また、金属のと比べて溝が摩耗しやすいので歯を動かすまでに多少時間がかかるといわれています。

最も目立たない矯正装置はなにか?と問えばそれは舌側矯正で間違いないでしょう。これはリンガルブラケットという歯の裏側から装着するタイプのブラケット装置を使う矯正方法です。

通常の矯正装置が歯の前に設置するのに対して、こちらは歯の後ろ側に設置するので矯正治療中であることがまず分かりません。しかも虫歯になりにくいというオマケ付き。

どれくらい分からないかというと、前歯を合わせて「い~っ」とやって見せても第三者には分からないくらいです。

日本では矯正治療を受けない理由として矯正装置を付けるのが恥ずかしいから、というものがあります。

歯の表面に装着する金属のワイヤーがきらきら光るのはどうしても耐えられないという人は少なくありません。子どもであればその悩みも大人以上。

そんな悩みを抱えている人にとって舌側矯正はまさに最高の存在といえるでしょう。

なんせ第三者に前歯を見せても全く全く気付かれず、たとえ口を開けても前歯の裏側まで見ないと分からないんですから。他人の歯の裏側なんて見たことありませんよね?(笑)

こう書くと素晴らしく思えるリンガルブラケットを用いた舌側矯正ですが、もちろん欠点もあります。

それは通常の矯正治療と比べて9割ほどしか矯正できないことや、慣れないうちは舌が装置に当たって喋りにくいので発音障害になりやすいこと、そして装置が歯に当たるのでモノを噛みづらいといった点です。

また、表側からする矯正治療よりも費用、かかる期間がともに上がります。

費用について具体的な例を挙げると、上下全ての歯を舌側矯正するとおよそ100万円ほどかかるといわれています。

このように様々な欠点も存在することを受け、最近では日常生活で特に目立つ上の歯だけ舌側矯正にして、目立たない下の歯は表側矯正にするハーフリンガルという方法も取られています。

リンガルブラケットによる舌側矯正は日本やヨーロッパでは普及していますが、アメリカではあまり使われていません。

その理由はアメリカでは歯列矯正が一種のステータスと化しているので「矯正装置は目立たないほうが良い」という発想が無いからだそうです。

この変は文化の違いが見てとれて面白いですね。

SNSでもご購読できます。