未分類

世間にはびこるイジメに関する間違った認識

矛盾しあう「いじめの原因論」

いじめは一九八〇年代半ばに、 いじめ自殺事件の報道ブームをきっかけにして、はじめて社会問題になりました。

それから現在まで、そのときどきのいじめ自殺事件をきっかけにして、同期的にいじめ報道ブームが起きています。

忘却期にはベタ記事にもならないいじめ自殺が、 マス・メディアが報道スクラムをはじめる流行時には、連日大々的に報道されます。

自殺してしまった生徒の存在を御興の神体のように位置付けて、 いじめ報道祭りが繰り返されることによって、人々はいじめを「悪」として問題視するようになったわけです。

さて、こういった「祭り」が起きると、識者と呼ばれる人たちに、 マス・メディアや政府系諮問会議などで発言するチャンスが与えられます。

彼らは一時的な流行が過ぎ去ればすぐに忘れられますが、あらたないじめ問題がニュースで報道されブームが戻ってくると、その時も以前と似たり寄ったりの発言をします。

識者たちは、 いじめの原因や背景として、数十年ほぼ変わらない「近ごろの青少年」についての紋切り型発言を繰り返してきました。

これを、一般の人々と政策決定に関わる人々の双方が信じてしまうわけです。まず、これまで識者たちが世に流布してきた、 いじめの原因論を列挙してみよう。

いじめに関するよくある一般論

  1. ゆとりのない受験競争や詰め込み教育が子どもの心をむしばんでいる。
  2. 勉学で「身を立てる」という目的意識が希薄化し、学校で勉強する意欲が低下し、だらだらして、授業が成立しづらくなった。
  3. 学校の過剰な管理。
  4. 学校秩序のゆるみ。規範意識の希薄化。
  5. 何をやっても許されるという欲望の自然主義。あるいは、青少年の「おれさま」化。個が突出して強すぎる。
  6. いつも他人の目を気にして、自分でやりたいようにできない、個の脆弱化。
  7. 家族の人間関係の希薄化(あるいは愛の欠如)。
  8. 少子化や核家族化などによって家族の絆が不健全なレベルで濃密化する。あるいは愛情が行き過ぎる。
  9. 学校・地域社会の関係性の希薄化。社会の都市化に伴う市民社会への消費論理の浸食。
  10. 学校や地域の共同体的じめつけと、市民社会の論理の排除。
  11. 子どもの生活のすべてを覆い尽くす学校の過剰な重み。学校に限定された濃密な人間関係の醸成。過剰な同調圧力
  12. 児童・青少年の人間関係の希薄化
  13. 「近ごろ」の若い人は幼児化した。精神的に未熟になった。欲求不満耐性が欠如し、我慢をすることができなくなった。
  14. 仲間内の集団力学や強者のやりたい放題には、はいつくばって我慢するか、大人びたやり方で、顔色をうかがって、うまくたちまわる。子どもらしさの消失。
  15. マスメディアや電子ゲームの露骨な暴力描写や、嗜虐を売り物にするお笑い番組の流行(ヴァーチャルに暴力を学習したから)。
  16. 暴力や死が社会から隔離されて子どもの目に触れなくなったり、周囲が甘やかして暴力を体験できなくなったりしたため、「けんかのしかた」や「他者の痛み」がわからなくなった(暴力を学習していないから)。
  17. 親や教師や他の子どもたちから痛めつけられて、暴力を学習する機会が減ったから
  18. 「ガキ大将」によるリーダーシップや年齢階梯制。年齢によって上下の身分があった地域集団の消滅。ガキ大将がいなくなった
  19. 子ども集団に自生する非民主的な身分関係。心理操作や人心掌握にたけた攻撃的で支配的なリーダーヘの追随ηガキ大将」がいるなじ。
  20. 日本の「文化」が崩壊したから。
  21. 日本の「文化」が残存しているから。

秩序はひとつではない

これらのリストをしばらくながめると、これまで世に流布してきたいじめ論は矛盾のごたまぜであることがわかります。

これらの矛盾しあう識者の見解のなかには実態とは離れているものも、実態に近いものもあるが、きちんと概念を把握したうえで論理を組み立てる作業ができていません。

上にあげた二一の項目から、学校に蔓延する独特の小社会の秩序と現実感覚を言い当てているにもかかわらず矛盾してしまう項目の組を、三つ挙げてみます。

  1.  人間関係が希薄であり、かつ濃密である。(11 12)
  2.  若い人たちは幼児的であり、かつ、計算高く抑制のきいた「小さな大人」
  3.  若い人たちは欲求不満耐性がない、と同時に、集団力学の趨勢をうかがえ続けている。)(13 14)
  4.  秩序が過重であり、かつ、解体している。(3 4 9 10)

学校でいじめにふけるグループの実態をよく把握している学者やジャーナリストほど、これらの矛盾する項目(希薄蔦反密、幼児的‐大人的、秩序過重‐秩序解体)の双方を指摘しがちです。

いじめ論がこのような矛盾におちいってしまうのは、素朴な言葉のフィーリングに依存しすぎており、何をもって「濃密」‐「希薄」、「幼児的」「大入的」、「秩序」‐「無秩序」なのか、概念の検討・定義が不十分なまま素人理論を作りあげてしまっているからに他なりません。

いじめ問題について考える際はこれらの曖昧な言葉をどう解釈して現実に当てはめていくかが重要とされています。

自身の実体験だけを元に想像で発言するのは場末の居酒屋談義と変わらない、という点をしっかり認識する必要があるでしょう。

失敗経験のない子供は打たれ弱い

小学校の高学年になると、親に心配をかけたくないという気持ちが生じます。

子供にも当然プライドがあります。

いじめられた時、実際は泣いて、母親に何もかも訴えたい・あるいは父親にかもしれない。

ところが、ある年齢に達すると、親の手前かっこ悪いと、ちょっと距離を置くようになることはよく知られている通り。

それまでは、べたべたと「お母ちゃん」と言っていた子が、思春期にも入ると親に何もかも話すことができなくなります。

そこで、何とか自分で処理しなければならない。処理能力がないのに親に対して距離を置くような事態になります。

その問題構造が、実は今深刻化していると見られています。いじめに関して、親の責任・学校の責任など、色々ありますが、ここが見落とされがちです。

子供というものは、成長すれば親と距離を置くのが当たり前で、何もすべて泣いて相談しに来るものではないということを、親も理解しなければないけません。

親にさえそうだから、いわんや、先生に泣きついたりしなくて当然です。

親や兄弟と一緒に風呂に入らなくなる時。これが彼らの意志表明で、そこから独立が始まります。

その独立意識があって、そして、自分で自分の身を処する能力があれば、問題はないのですが、自分で自分を処理する能力が培われていないにも関わらず、独立心・距離感というものが生まれるところに、祖語が生じます。

もうひとつのポイントは兄弟の数が少なくなっている点です。昔は生まれた時から、兄弟喧嘩しながら、危ういバランス感覚を体得してきました。

たとえば、今兄弟が二人だとして、男と女だとすると、これは喧嘩できなません。

やはり同性同士で喧嘩するし、周りの子供も兄弟がたくさんいて、年上と年下が渾然となって遊び、争う。以前は、そういう地域での訓練が自然とできました。

ところが、現代だと周りの子とそんなに遊ばないし兄弟も多くありません。

自立が芽生える小学校四、五年の時までに、予備訓練ができていないというのは後に大きなトラブルの種となります。

昔は兄弟喧嘩をして、兄貴に負ける。また翌日は近所の年上の子に負ける。その繰り返しでした。しかし、今の子供たちは、はたして負ける訓練が充分にできているのか、大きな心配事とされています。

以前は「お下がり」として、服から、靴からパンツまで、兄貴のお古を弟がもらう習慣がありました。

家計の必要上、止むを得なかったわけで、だからそこにおのずとヒエラルキーが「長男の奴が一番可愛がられて、いつも新品着て、けったくそ悪いな」と憎みながら、

「自分は次男だ、次男の分を守らないかん」

と辛抱する。つまりそこで、いろいろな感情の暴発のコントロールができていました。

もちろん長男も、兄弟の中では威張っているけれど、外へ出て一緒に遊んでいる仲間からは、いじめられて、負けていることも多いわけです。

しかしその習慣もなくなり、我慢も失敗経験もない子供が増え、結果的に打たれ弱い子どもが増えたと言われています。

戦国時代の武将、朝倉孝景(敏景ともいう。 一四二人~八一)の家訓『朝倉敏景十七箇条』に、

「いっぺんも敗戦経験のない大将は気をつけろ。いっぺん手痛い敗戦の経験を持った大将は有能である」

というのがあります。

子供も失敗や挫折や喧嘩の負けを知らないと、何か事が起こったときどう対処していいか分からず、猪突猛進してしまう。それが大失敗に繋がってしまいます。

子どもを欠乏から解放する

味覚をとり戻すことができたら、今度は、欠乏の記憶からも自由になりましょう。

欠乏の記憶とは、満たされなかったという強烈な思いです。私たち人間は、必ずといっていいほど、満たされなかったという思いを持っているものです。

子どものころ、欲しくて欲しくてしかたなかったものを買ってもらえなかった思い出、友だちがみな持っていたのに自分だけが手に入れられなかった思い出、みなそうです。

記憶の中の欠乏をとり戻そうとする人間ほど、滑稽で悲しいものはありません。

たとえば、お金に苦労した子ども時代を過ごした人が、しっかり者の大人になる例はむしろ少数派だといわれています。お金に執着するあまり、仕事や人間関係に失敗するか、大金を稼ぐことに成功しても、高額商品やギャンブルなどに浪費する傾向が顕著だとされています。

お金のことほど深刻ではないにせよ、例えば食事に対しても、欠乏の記憶は大きな影を落とします。

具体例としては「甘い物を食べてはいけない!」と厳しく育てられた人が、 一人暮らしを始めたとたんに甘い物ばかり食べるようになって肥満するとか、ファストフードを禁止されて育った人が、大人になってハンバーガーやフライドチキンの偏食をするとか。

こうした欠乏の記憶の問題を考えるとき、私は決まって、ある短編SF小説を思い出します。

 

硬い肉が食べたいんだと言いだして、嘉七郎が雅恵を困らせたことがあった。近頃の肉はどうしてあんなに柔らかいんだ、と言うのである。どうもそういう肉というのは、牛に人工合成の化学飼料を食べさせて、ほとんど運動もさせずに育てたのに違いない。

 

これは清水義範さんの「嘉七郎の交信」(コ昏のカースよ所収/講談社文こという作品の書き出しです。ご存じかもしれませんが、清水義範さんはパステイーシュ文学というジャンルを切り開いた第一人者です。

パスティーシュとは、作風を模写することで、世界の文一象といわれる作家の文体や、その代表作に流れる思想、ストーリーの骨格などをモチーフにして、独自のユーモア世界をつくり上げていく技法のことです。

もっとも、ここではこの技法が問題なのではなく、単に書き出しを借りるだけのことですが。

この短編小説は、傘寿を目の前にした主人公、嘉七郎が、宇宙人に話しかけられたと言い出したことから始まります。

家族たちは、認知症が始まったかと介護の将来不安をうとましく思いますが、そのうちに嘉七郎は「時間が閉じているってことはつまり、宇宙にも果てがあるってことなんだそうだ」と、知るはずのない知識を語り始めます。

現実的な不安が得体の知れない恐怖に変わっていく様子を描いた作品ですが、その書き出しの数行は、まさに嘉七郎が幼かった時代の、欠乏の記憶を表しているように感じます。

理由を述べると興ざめかもしれませんが、この嘉七郎というおじいさんは、子だくさん家族の4番目の子どもで、おそらく服はお下がうに次ぐお下がう、兄や姉の圧制によってひもじい子ども時代を送ったと思われます。

それゆえに老齢になるにつれ、かつて満足に食べさせてもらえなかった「硬い肉」に、これほどの執着を感じるのでしょう。

その肉は誰がどう考えたって硬くてまずいはずなのに、嘉七郎の記憶には「それこそが、十分に味わうことのできなかった最高にうまい肉だ」として残っています。

嘉七郎という名前の主人公に、硬い肉が食べたいといわせたところで、清水作品に親しんだ読み手ならば、もう噴き出して笑い転げるに違いありません。

「それ、あるよね」とわが身を振り返らざるをえなくなるわけです。

食の常識は自分でつくる

この小説の効用は、読んで面白いだけでなく、自分の中に存在する、満たされなかった強い思いを客観的に眺めさせられる点です。

そういう思いに気づくと、そこから少し自由になれます。

前進するためには、過去を振り返ってはいけないとよくいわれます。いまの自分が存在するのは、過去の積み重ねです。

自分が過去にどうだったかということに囚われていると、いまの自分というのは、明日になっても、10年がたっても、いつまでも過去の自分の延長でしかありません。

特に私たち人間は、何かを考えたり振り返ったりする際に「自分が子どもの頃どうだったか?」という記憶・体験に強く支配されています。

しかし、未来をどう生きるかという問題を解こうとするときに、そんなこだわりは何の肥やしにもなりませんし、もはやどうでもいいはずです。

にもかかわらず、それを自分に許していると、過去には考えられなかったように健康な自分とか、考えられなかったようにエネルギーやバイタリティーに満ちた自分には、いつまでたってもなることができません。

食べ物に対しても、同じことがいえると思います。

子どものころの満たされなかった思い出を埋め合わせようとすることは、自分を慰める行為です。もちろん、人一倍健康な人なら慰めることも悪いことではありませんが、健康でもない人が自らを慰めているばかりでは、不健康さを増していくだけのことでしょう。

問題は、欠乏の記憶によってもたらされている食習慣は、本人にはなかなか自覚できないということです。その点については、なぜこれが好きなのだろうかと自間自答して、こだわりの素を解き明かしていくしか方法はありません。

幸いなことに最初にひとつでも紐解くことが出来ると、それを皮切りに次々と芋づる式に謎が判明していきます。

そのためには、まず、料理や食材をよく噛んで味わせて食べさせること・新しい味覚の記憶を作らせること、そして欠乏の記憶によって生み出されている食習慣を改めさせることです。

それが自分の身体と体調に合ったものを選び取る力となり、すぐに成果が出る食事の第一歩になると専門家の間では言われています。

目立たない矯正装置はないのか

矯正治療に使われる装置は歯の位置関係を治す「マルチブラケット装置」というものが基本となります。

以前まではこのブラケット装置といえば歯の表側に直接一つ一つ貼り付ける金属製のものしかなく、これは笑った時などにブラケットが見えてしまうので見栄えが悪く、特に若い女性からは敬遠されがちでした。

しかし現在では透明なプラスチックやセラミックス製の素材があります。これらのワイヤーは以前に比べてずっと細くなりましたし、何ならワイヤーの代わりに透明なマウスピースを使うという方法もあります。

※ただし、プラスチックは見た目の悪さこそ改善されたものの、噛み合わせによってはすり減ったりワイヤーの力に負けてしまうことがあるのでそこは注意が必要です。また、セラミックスの方は歯よりも固い素材で出来ているのでブラケットを外す際に歯のエナメル質が壊れてしまうこともあります。また、金属のと比べて溝が摩耗しやすいので歯を動かすまでに多少時間がかかるといわれています。

最も目立たない矯正装置はなにか?と問えばそれは舌側矯正で間違いないでしょう。これはリンガルブラケットという歯の裏側から装着するタイプのブラケット装置を使う矯正方法です。

通常の矯正装置が歯の前に設置するのに対して、こちらは歯の後ろ側に設置するので矯正治療中であることがまず分かりません。しかも虫歯になりにくいというオマケ付き。

どれくらい分からないかというと、前歯を合わせて「い~っ」とやって見せても第三者には分からないくらいです。

日本では矯正治療を受けない理由として矯正装置を付けるのが恥ずかしいから、というものがあります。

歯の表面に装着する金属のワイヤーがきらきら光るのはどうしても耐えられないという人は少なくありません。子どもであればその悩みも大人以上。

そんな悩みを抱えている人にとって舌側矯正はまさに最高の存在といえるでしょう。

なんせ第三者に前歯を見せても全く全く気付かれず、たとえ口を開けても前歯の裏側まで見ないと分からないんですから。他人の歯の裏側なんて見たことありませんよね?(笑)

こう書くと素晴らしく思えるリンガルブラケットを用いた舌側矯正ですが、もちろん欠点もあります。

それは通常の矯正治療と比べて9割ほどしか矯正できないことや、慣れないうちは舌が装置に当たって喋りにくいので発音障害になりやすいこと、そして装置が歯に当たるのでモノを噛みづらいといった点です。

また、表側からする矯正治療よりも費用、かかる期間がともに上がります。

費用について具体的な例を挙げると、上下全ての歯を舌側矯正するとおよそ100万円ほどかかるといわれています。

このように様々な欠点も存在することを受け、最近では日常生活で特に目立つ上の歯だけ舌側矯正にして、目立たない下の歯は表側矯正にするハーフリンガルという方法も取られています。

リンガルブラケットによる舌側矯正は日本やヨーロッパでは普及していますが、アメリカではあまり使われていません。

その理由はアメリカでは歯列矯正が一種のステータスと化しているので「矯正装置は目立たないほうが良い」という発想が無いからだそうです。

この変は文化の違いが見てとれて面白いですね。

親知らずは抜かないと駄目?

親知らずは専門的には「第三大臼歯」と呼ばれ、一番最後に生えてくる歯として知られています。

生物学的には退化していくプロセルにある歯だと考えられており、隣り合う歯を押し出す力があるため、それが痛む原因になります。

「親知らずは抜かないと駄目なのか?」というお答えすると、普通に生えていてきちんと噛める親知らずであれば抜く必要はありません。

しかし実際のところ、親知らずが100%綺麗に正しく生えてくることは滅多にないので様々なトラブルの原因になります。

※生え方が悪くて歯茎に炎症が起きていたり、腫れているのであれば言語道断すぐに抜きましょう。

例えば親知らずが斜めに生えていると食事の際にプラークが溜まりやすいので虫歯や歯周病の発生源になりやすいのは皆さんもご想像の通り。

親知らずで一番怖いのは食べカスなどが歯肉に溜まって炎症(歯冠周囲炎)が酷くなって、周囲から出た膿がアゴの骨の炎症を引き起こしてしまうケースです。

親知らずは成長するとアゴの神経組織にまで到達する場合もあります。そうなると、例え親知らずを抜歯しても神経が傷つけられてしまうので舌や喉に痺れが起きる可能性があります。

親知らずの存在は悪い噛み合わせ(不正咬合)を発生させる遠因にもなっています。

現代は食べ物が柔らかく噛む回数も減っているので、それが理由で若者のアゴはどんどん細くなっています。アゴが細くなると口内の歯が生えるスペースは狭くなり過密状態に陥るわけですが、そんなところに親知らずが更に生えてきたらどうなるかは言うまでもありません。

歯並びが悪くなり、噛み合わせもチグハグになってしまいます。

※矯正治療をする際は抜歯をするケースが少なくありませんが、若い女性の方は絶対にしておいたほうが良いと言われています。

その理由は妊娠してつわりが酷くなると歯磨きができなかったりして腫れてくることも多いからです。妊娠中は痛み止めも出ませんし、抜くわけにもいかないので困っている人は多くいます。

こうして見ると親知らずがいかにリスクだらけの存在かがよく分かりますね。今現在親知らずが生えている人は「抜歯は痛そうだから・・・」と言わず、一度歯医者さんで診てもらうことをおススメします。

わきがについて

いじめの代表的な原因のひとつにわきがが挙げられます。ここではそんなわきが対策について書こうと思います。

脇汗が大い人は脇が臭いという人がいますがそれは本当でしょうか。

しいて言えば「当たっているようであたっていないよう」というのがが答えです。

まずわきがの場合臭いの原因は体内からの分泌液をだし臭いを発船させるアポクリン線です。

汗腺ですから汗を出すのですが、この汗腺から体内の分泌液を出すことで臭いが発生します。

他の汗腺から汗が出たところで臭いはしないわけですから、実質このアポクリン線が合付かないかで臭いが変わるといってよいと思います。

このアポクリン線人によってかなり数が違い、特に欧米人には多く日本人には少ないとされています。なので日本人にはワキガが少ないのです。

さて、問題は脇汗とわきがの関係ですが、どの程度相関性があるかというとわきがの方はアポクリン汗腺が多いという関係から、脇汗が人より多めになるのは事実です。

なのであっているともいえると思います。しかしながら、アポクリン以外の汗腺の多い方に関しても汗は多いのです。

アポクリン線以外の汗腺の場合臭いはあまりしません。一般的に汗臭いなどという匂いは当然あるかもしれませんが、それもそこまで強烈な臭いではありませんし周りの人にはわからない程度。

ましてわきがの臭いとは全く違います。以上のことから脇汗が多い=わきがという方程式は成り立ちません。

ただしわきが=脇汗が多いというのは成り立つのです。以上脇汗とわきがの関係を簡単にですは説明しました。

自分が腋臭のような気がすると思っている方は、脇汗は多いはずなので判断材料の一つになるでしょうし、脇汗が多いからわきがじゃないかと疑っている方はその限りじゃないと分かってもらえると思います。

そもそも脇汗が多いというのは多汗症という可能性もありますからね。

わきがの場合は臭いは自分でもはっきりとわかるので、一番確実なのは汗をかいたときにもで脇に手を入れてこすって臭いを嗅いでみることです。

わきがの臭いがすれば間違いないでしょうし、汗を沢山かいているときに臭いがしなければ心配ありません。

もし腋臭だなと思ったのならこちらの治療法がお金もかからず手軽で効果もあるのでおすすめです。

人前で緊張しない方法

人前に出ると緊張してしまうという方、いわゆるあがり症というやつですがこれには改善方法があります。

良く言われるのが話し方の練習をする、数をこなして慣れるというものですがこれだけでは中々難しいというのが正直なところ。

確かに言われていることは間違いではないのかもしれませせんが、どうやって話せばいいのか、また慣れろと言われても慣れるまでが大変じゃないかというのが正直なところです。

根本的に治すためにはやはりきちんとしたスピーチや話し方のトレーニングだけじゃなく、感情をコントロールするためのメンタルトレーニングなども必要です。

あがってしまう原因は人それぞれあるようですが、主に失敗したらどうしよう、人前でミスしたらどうしようというが原因になっている場合が多いようです。

私も酷いあがり症で改善のためにトレーニングをしたのですが、まずは自分が緊張してしまう原因を探りその後それを克服していくという方法であがり症を治していきます。

それだけで治るの?と思うかもしれませんが、案外簡単なことで治るもので今では人前で話すのも全然平気です。

治ってみて思あったのは原因は精神的なもののほかに慣れもあるなぁというのが実感。ベストな治したかとしては精神的なことをまずはコントロールできるようになる、自主練習でスピーチや話し方の型を身に付け失敗しないように練習する。

この2つが重要だと思います。これで自分に自信が付きますし、メンタルトレーニングがうまくできていれば余計な緊張もしません。

あとは2,3回人前で話す機会があれば、もう全然平気だと思います。実際私がそうでしたから。

そのためにはきちんとしたあがり症の治療やトレーニング法を行う必要があるとは思いますが・・・。

代表的な治療法、トレーニング法はこちらにまとめてあるので参考にしてください。

ちなみに私があがり症を治したのは西村順さんの講座で、これで本当に人生が変わったといっても言い過ぎではないほど自分を変えることができています。

昔から内気で人前で話すのが苦手だったのですが、今では堂々とはっきりと、そしてあわてることも変な緊張もせずに人前で話すことができるので、仕事もプライベートでも何かすることに対してストレスに感じることも無くなり楽しく過ごせています。

もし、人前で話すのが苦手だ、緊張してしまうという方はやってみたらどうでしょうか。